大きい風呂敷と大きいあずま袋

3885

先日行った旅行で、いくつかのモノが寿命を迎えました。

洗濯もの入れに、ベトナム土産の薄い巾着を使用していました。
家人が年に数回の出張で使用しているので、くたびれていました。

長く使っているMUJIのキャリーもちょっと前から車輪と持ち手が壊れていました。
今回もナチュラルに使いましたが、とうとう移動に難が出るようになってしまい、処分することにしました。
移動時、辛かった〜。

今まで、車で旅行することがほとんどだったので、重さを気にすることなくレスポやリュックを複数使い、詰み込んでいました。
次の旅行でキャリーが必要になったら、アウトドア系の飛行機内に持ち込める大きさのを新調しようと思います。

そこで、調べてみたら荷物の仕分けには「風呂敷」がいいとのことで、縫って作ってみました。
なにかと使えるのは95センチ大だそうです。
大きなあずま袋も作りました。

布は薄手のコットンリネンです。
この時にいくつか買った布で、これはボーダーの幅違いです。

作ったところで、家人が言いました。

ワシの分はないんか?

それもそうだな・・・と思いました。

3887

もうひとつ作りました。

旅行に行くとお風呂に行ったり、外の足湯に行く用に手提げを持っていっていましたが、あずま袋があるからもう持っていかなくていいや。

家人が特に気に入っているようで、訳を聞いたら「普段も使えるから」とのことでした。
それもそうだな・・・と思いました。
風呂敷とあずま袋なんて、いつでも使えますよね。

GWまでに、これより大きいものを作ります。
次のはくたびれても雰囲気の出る、ふつうのリネンを使用したいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ

コメントする