新宿 デンマーク・デザイン

デンマークのデザイナーの作品、椅子が多かったのですが、展示されています。
いわゆる「デザイン・オブ・北欧」(どん!)
おしゃれでカッコイイものばかりでした。

わたしの宝物、月賦で購入したビューローの作家さん、ボーエモーエンセンの作品もありました。
やっぱり絶対いつか椅子も買うぞ〜!と心に決めました。

実際に座ることができるエリアがあり、いつくか試しました。
かなりビックリしたのですが、おしゃれでいて座り心地がいいものがたくさんありました。
デザイン性と使い心地の両方を実現できることを初めて知りました。

しかし展示のレイアウトが他の美術館に比べ残念な印象でした。
流れやストーリー性もありません。
ただ、作家ごとにブースに分けただけ。
作品の力で成立している展示でした。

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館といえばゴッホのひまわりで〆です。
じっくりと堪能した後、新宿は中村屋のカレーで舌鼓を打ち鳴らしました。
どんどん!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ

コメントする